多忙につき多麺。


by wootaso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

人類みな麺類

メンマ増し。

e0204698_16591796.jpg

e0204698_16591752.jpg

e0204698_16591878.jpg

e0204698_16591924.jpg

e0204698_16592075.jpg



ビジュアルに溺れた。加えてオペレーションからサーヴまでの流れが淀みなく、つけ麺やまぜそば類がないために回転も速い。

残念ながら花粉症でこの一杯のフルポテンシャルを拾えなかったが、それでも心踊る完成度に舌が目覚めるような感覚。味を拾うのは次回のお楽しみとしておく。麺だけが好みとは外れたものの、全てにおいて高品質。凄い。京都にこんな店ないんだよなー。
[PR]
by wootaso | 2015-05-04 16:51 | 大阪府 南方駅 周辺

天骨庵 慶心

店主ブログが一番この新作つけ麺の味わいを言い得ているので、そちらを確認してからこの一杯を食べたいし、食べてほしい。


つけ天骨麺

e0204698_16495082.jpg

e0204698_16495164.jpg

e0204698_1649511.jpg

e0204698_16495272.jpg


甘さ皆無。その時点で気持ちが高ぶった。天骨麺の濃厚な動物系スープと昆布出汁、この昆布がまたトロトロと麺に絡みながらしつこい粘り気はなく、絶妙な引き上げを生み出している。自分はトロミも粘りも苦手ですが、この塩梅なら何の気後れもなくいけます。麺も程よい食感でプリっとしており、太さもほどほど。三分、五分、7分、全部と浸け率を変えて楽しむ。

〆飯
e0204698_16495466.jpg

e0204698_16495586.jpg


この値段でここまでやっちゃうって時点で店主の味へのこだわりが伝わってくる。このもろ味噌と昆布出汁のトロミ、紫蘇の酸味にも似た塩味、ええやないですか。


二回目。
e0204698_16495546.jpg

e0204698_16495611.jpg

e0204698_16495798.jpg


1度目とビジュアルの差を楽しむ。ネギは減らしてもらったけど、結論、無くていい。無い方がこのつけ麺は楽しい。

店主さんと色々と話をさせていただいた。というか、ここの店主さんは話しかけてきてくれる。隠すことも媚びることもない。

昆布出汁に関して色々と思うところがあるらしく、ご苦心されているようだった。個人的な感想で応援をしたい。

わざわざ食べに来たくなるつけ麺が登場した。その味わいはもちろん、トロミと粘りを的確に合わせたつけ汁の食感は初体験であるし、色々なブログを見ても見出すことはできない独自性がある。しのごの言わず、啜り味わう一時に全てを感じていたい。
[PR]
by wootaso | 2015-05-04 16:32 | 京都市 北区