多忙につき多麺。


by wootaso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

鶴武者

清潔な店内、接客、レアチャーシュー、お茶など、店そのものに感じる魅力は多多あったが、なかなか訪問の頻度が上がらなかった。しかし、つけ麺のリリースと確かな評判を足支えに、そして臆病な好奇心と共に久々の来店。

つけ麺、麺大盛り、肉増し、メンマ増し

e0204698_19155167.jpg

e0204698_19155240.jpg

e0204698_1915547.jpg

e0204698_19171596.jpg

e0204698_1917177.jpg




広く大きな器に喜ぶしかない。堂々と、しかし静かに存在感を纏う。麺の食感が個人的にどんぴしゃ。反発、腰、粘り、噛み応え、啜り心地、長さ、すべてが噛み合ったような感覚。塩がよく揉みこまれた麺、全粒粉といえ、それほどその粒々たる香りが目立つものではないが、味はある。

つけ汁。味が詰まり詰まっている。積層というよりは濃縮感、それが出汁とタレの融和として器全体に敷き詰められている。ピンポイントに感じる旨味などとはかけ離れた、口全体に広がるイカ、帆立、鶏、その他多数。麺との相性も良い。半分浸して、あるいは全部浸していただいて、存分に楽しめる。最後まで味が薄まらない。大盛りだぜ? どんだけ詰まってんの、旨味成分。小口のメンマはしゃくっと裂けて、小気味良い、玉子も濃い。チャーシュー、こんなの作れません。全体に、均一にレア。筋を全く感じない柔らかさ。か、書ききれん。全部うまいぞ。


しかし、何よりもやはり、つけ汁。麺が無くなっても、まだまだ濃いその味わい。だのに飲める。せっかくだから、とスープ割りを、って、めっさ出汁くれはるやん。300mlある? 割、って言葉はこのサービスには合わないな、伸ばして広げるような楽しさ。



ほあーーーー。やばい。こんなに美味いのか。またおまとか濃厚魚介って言われるものの本来の美味さってこのレベルなのかなー、経験値が低いのでわかりませんが、素晴らしかったです。食後の味の余韻も良い意味で薄い。素材の良さや無化調がその原因だとしたら、お店の方の技量がここにもうかがえます。ただ、記憶には鮮烈に残っていて、もう今すぐにでも食べたいくらい。

えぐち、cliff、白頭鷲、麺二郎、チャクリキ、拳、無心、つけ麺で大好きな店は多々ある。しかし、今回のこのつけ麺に関しては、正直イチバーンになるかもしれない。

球さんも言ってたけど、あれだけの食材を使って、デフォルトが800円は安すぎる。人柄の良さそうな大将の、らしさが味と値段に出ているのかもしれない。以前よりもお顔が疲れていらっしゃるようだった。ハマった身としては、これから何度となくこのつけ麺をいただきに上がり、お店のさらなる発展を願うばかりである。
[PR]
by wootaso | 2013-07-18 19:13 | 京都市 西院周辺

セアブラノ神

大盛り 肉増し 味玉 背脂は普通
e0204698_2143094.jpg

e0204698_2143150.jpg

e0204698_2143239.jpg

e0204698_2143357.jpg

e0204698_21433100.jpg



背脂のくどさはない。熱く厚く煮干し出汁に蓋をしながら、甘味にも似た旨味が、らしい。煮干し出汁は柔らかい。数種と感じるよりは、お店が開示してる通り、二種なのだろう。

タレ押しはない。麺がこの太さにして意外にもつるりとした食感で合わせてきた。燕三条がこうなのかどうかはわからないけど、個人的にはもう少しボソッと荒目の表面でもよかったかな。背脂が出汁を弾くだろうし。 肉は脂の落ちた旨味を舌に伝えてきた。メンマと味玉は触れない。

燕三条とわかる立ち位置でお店を出されて、コラボもされて、木屋町にも出して、と、活躍的な姿に京都の変化を少し感じた。

個人的にはズボッとハマらなかったけど、数日経って今、なんとなく食べたいなー、ってとこにセアブラノ煮干し的魅力があるような。
[PR]
by wootaso | 2013-07-17 21:33