多忙につき多麺。


by wootaso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

無心

新年初訪問。車が多くてイライラしながら後輩たちと共に奈良まで向かう。ぬ、雪まで吹雪いてきた。啜りたい。早く啜りたい。確かな結果を夢見ながら車を走らせて行く。あ、道間違えた。んが!!!( ゚д゚)

着いた!!寒い!雪と風!はい、つけ麺大、肉と卵とメンマ増す!来た!啜る!!!

e0204698_20365988.jpg

e0204698_203708.jpg

e0204698_2037174.jpg

e0204698_2037189.jpg

e0204698_20371934.jpg







「うんま」って後輩に先に言われました。


タレ強めのチューニングながら、豚骨蕩けるこのつけ汁の質を最大限生かす押し上げが麺を啜らせる。啜れる麺がまた素晴らしい。これだけの太さとコシを有しながら唇を通って行く感覚。増した肉はやはりパサつきがあるものの、結局この食べ応えって簡単には体験できないんだよねー。炭香もあるし。つけ汁中の肉、これはもう溜まりませんね。感想は常に変わりません。

食後感は軽やか。胃に馴染む脂で消化するような。


はい。また行きます。



i
[PR]
by wootaso | 2013-01-30 20:33 | 奈良県 奈良市

ラーメン人生JET

つけ麺を。名前は失念です、すんません。

e0204698_2253816.jpg

e0204698_225392.jpg

e0204698_2254047.jpg

e0204698_2254031.jpg

e0204698_2254161.jpg

e0204698_2254265.jpg


残念なとこから話すと、つけ汁はネギの香りが支配。煮物の白菜が美味いのと同じとして捉えるならある意味ありだけど、個人的にはもっと鶏スープそのものの個性を感じたかった。しかしながら、麺。麺。〆水には大阪の土地柄を感じてしまった(偏見?)が、しかし補って余りある麺の香りと啜り心地。きっちり湯でてきっちり〆るが当たり前のお店ってあんまり出会えないですが、閉店間際のたまたまラストつけ麺でこの麺のクオリティはびっくり。けっこー腹一杯の状態で赴いた上、先述のつけ汁の件もあったのに、麺が口の中を迸っていく感覚。また機会があれば訪れたいです。たぶんある。
[PR]
by wootaso | 2013-01-14 21:57 | 大阪府 福島区

ととち丸ラーメン

e0204698_971885.jpg

e0204698_971917.jpg

e0204698_972044.jpg

e0204698_972091.jpg

e0204698_972143.jpg

e0204698_972288.jpg

e0204698_9722100.jpg

e0204698_972319.jpg

e0204698_97241.jpg

e0204698_974129.jpg



めで鯛ラーメン(潮) 鯛茶漬け付き

友人が醤油好きなので自分は塩で。潮の塩は久しぶりにいただいた。朝から砕いて焼いて炊いてとまーしかし相当な仕事の熱量で仕上げられた鯛出汁は、文字通り味わいの潮が舌の上で流れて渦巻いてくる。ニオイというよりはクセがすこし鼻につくも、これもまた楽し。醤油だと出汁との融和をグングン直感する一杯になるが、このラーメンの性格を実直に味わえるのは塩だなー。雲呑(でいいのかな?)は大葉の香りが新鮮で海老がぶりん。玉子はイクラと食べると新世界。卵同士の相性っていいのね。麺は縮れる低加水、スープを吸っては絡めとってくれる。細いから啜りやすい。

鯛茶漬けはもう鯛の厚みと味付けにクローズマイアイズ。

今年もよろしくお願いします。
[PR]
by wootaso | 2013-01-05 09:06 | 滋賀県 大津市 瀬田

京都千丸しゃかりき

12/3限定 鶏白湯×担々つけそば

e0204698_18502047.jpg

e0204698_185057.jpg

e0204698_1850696.jpg

e0204698_1850747.jpg

e0204698_1850750.jpg

e0204698_18502024.jpg


つけ汁がたっぷり。乳化した脂や肉の細片から想像するに、丸鶏とモミジかなー。右に辣油、左に胡麻を担いだ鶏を想像しました(嘘)。美しく流れる楕円の渦を描く12番角切り麺、茹で上げも〆も完璧のように思う。コシもあり、つけ汁との絡みもイイ。ネギは匂いが残念、食感はいいアクセントだったのですが。水菜だと香りが足りない。何が合うやろ、春菊とか?チャーシューは二枚入っていて限定ならでは。仕上がりも滑らかな質感で噛み切りやすさも好印象。少し塩分キツメ。メンマ、これがあまり訴えてこなかったな、白頭鷲並みのコリコリした楽しさがあれば心踊っただろう。

大盛りにすりゃ良かった。。。と思ったのは最初だけで、充分に食べ応えある麺とつけ汁の組み合わせと種々の具材の仕事に、デフォで満足できた。つけ汁の温度がもう少し高いとよかったかな。麺を漬けることでほどよい温さになる温度設定だったら唸ってしまった筈。

で。正月限定20食ということでなかなか豪華なつけ麺として楽しませていただいたし、贅沢な意見だというのも重々承知の上だけど、このレベルがデフォメニューでも出してもらえると凄く嬉しいのになと常々思う。数ヶ月前に食べたデフォのつけそばとの差はもう別次元とさえ感じてしまう。限定はいつも楽しみにしていながら、通常メニューのために訪問することが無くなってしまっただけに、2013年はどんな方針で「しゃかりき」なのか、期待させていただきます。
[PR]
by wootaso | 2013-01-03 18:10 | 京都市 千本丸太町

げんた

e0204698_19234732.jpg

e0204698_19235329.jpg



初訪、全部増しマキシマム。塩ダレがデフォ、気持ちイイくらい白いスープ。九州雄は未だ行ってますんません。

うんま。おぉ。京都にいたらうまい博多豚骨なんて出会わなくて、吟醸流のソレも美味いけどなーlikeな感想だったんだが、ちょっと満足度が違う。天神旗もつけ麺だけでラメソは食えてないけど、大経大前の支店で食べたものよりも格段うまい。脂過多もない。

惜しむらくは、てか僕の愚舌にはの話、麺との相乗効果が欲しいという点に限る。レノンやととちのようなもっと麺をすすりたくなるような総合力は未開かと。すんません。でもそれが成り立てばこのラーメンスゲぇ。あ、チャーシューは増す必要性は薄い。丼のそれはすげー厚みだったけど。


豚骨、あざす。
[PR]
by wootaso | 2013-01-02 19:11 | 滋賀県 大津市 瀬田

タンポポ

e0204698_199405.jpg

e0204698_1994132.jpg


2012年の〆は所用もあって近くにきたついで、青春の味をこの舌に迎えに来た。豚しゃぶは以前ほどのワッショイ感はないものの、スープの厚みを確かめられた。椎茸?

麺は中金、艶もあって密度もそこそこ、このお店は基本チョイやわなので僕はカタめで頼みます。一味は辛めのものに変わったので汗ばみます。

2013はもっと行こう。
[PR]
by wootaso | 2013-01-02 19:02 | 京都市 北区