多忙につき多麺。


by wootaso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

麺屋レノン

唐揚げでプファリズムしたくて赴いた。出勤前の師匠と出くわす。ハートランドを飲む横で清湯ブラックを啜る音。確かに今日は魚介出汁の香りが店外へと溢れるほどだったので、惹かれたがまろやかを注文。


e0204698_12263727.jpg


e0204698_12263897.jpg

おお、黒いやなぃかーぃ。レノンさんの粋な演出、ダンケ( ̄▽ ̄)

たまりの生醤油って言ってたかな?それらしい香りとクセが白湯だと少し生々しく感じるし、動物系出汁の甘味が相殺されてしまってはいる。カドもたつというか、もう少し少なめだと程良くなるだろう。
しかし無添加の醤油ということでか、グイと飲める。やっぱ溜まり醤油ってえぇですな。



e0204698_12263942.jpg


今回のMVPは麺。しっかり味をまとめてくれたのはその弾力と小麦の香り。此奴、めっさ仕事しよる。
[PR]
by wootaso | 2012-01-28 12:12 | 滋賀県 大津市

天下一品 長岡京

k定こってり麺チャーシュー
e0204698_89153.jpg


e0204698_89594.jpg


e0204698_897100.jpg



パウダレスに注文してみたが、やっぱ要るのかなー( ̄▽ ̄) どろろとしたスープはどうやら味の背骨を求めるようだ。麺はカタメよりもバリカタの方がコツとワシッと楽しめる。

料亭のパート経験者が仕込むチャーシューはしっとりと柔らかな肉の美味さを誇る。この店では増す。

唐揚げはサクッとした衣からプリッと肉が踊り、濃い味付けが白飯に手を伸ばさせる。ここの唐揚げはしょっぺーけどうまい。

観光シーズンには一日1000杯超えを記録するモンスターでもある。
[PR]
by wootaso | 2012-01-25 19:01 | 京都府 長岡京市

拳ラーメン 煌めく一杯

16日限定

黒地鶏の中華そば

e0204698_1832432.jpg


e0204698_1832797.jpg


e0204698_183291.jpg


e0204698_18321228.jpg


光の泡に包まれたビジュアル、透き通った鶏出汁に麺が揺蕩う。鶏の味わいがスッと通る。炊き方にレベルの違いを感じさせられた。臭みなんてもちろん無い。温度が高いのが気になったくらいかな。

低加水の麺がまたいい。スープがしゅんで噛みしめると小麦と共闘して脳を刺す。

清湯つけ麺食いたいっすー
[PR]
by wootaso | 2012-01-21 18:23 | 京都市 中央卸売市場 近辺

無心 言わば最強

無心のつけ麺


e0204698_18222554.jpg


e0204698_18222728.jpg


e0204698_18222834.jpg



この日は口当たりのザラツキがあって、あの完全に溶け込んだような一体感を舌に楽しむことはできなかったが、髄の美味さはさすが。他の追髄を許さない、とふざけた文言だが個人的にはしっくりくる。


炙り付いた炭の香りごとかぶりつく肉の厚みと柔らかさには毎度Huts off。

麺はこの日は少し硬く感じた。冬故だろう。
[PR]
by wootaso | 2012-01-21 18:14 | 奈良県 奈良市

山崎麺二郎 姿勢の一杯

年が明けて初めての訪問。開店5分前に一気に並んで早速満席、待ちも発生。そりゃそうだ、と思ってはいるが、この人気の背景にある意味合いの高さには常に敬意を払っております。

雑誌でも表紙飾ったり、麺の聖人になると喩えられたり。派手さのアピールなど皆無なのにその存在感は凛。



e0204698_1865592.jpg


e0204698_187061.jpg


e0204698_18748.jpg


e0204698_187952.jpg


e0204698_1871470.jpg


今日の麺はほんの少しだけだが、いつもとは違う芯の強さを感じたものの、艶と滑らかな啜り心地は小気味良い。長さも適度。自然とリズムが生まれる。

鶏の香りがふわりと口を温めるつけ汁は、山椒の主張を抑えた華やぎと葱のシャリズムに合わせて心に満足感をもたらしてくれる。抽象的な表現をしたくなるくらい心酔してるのだ(。-_-。)


チャーシューは味付けの妙、メンマは切り口と食感の和。味付け卵の濃厚な舌当たりに唸る。

自然と姿勢がよくなる店内の雰囲気が好き。啜る音、パツッと鳴る湯切り音をBGMに静かにラーメンが人を喜ばす店。

たぶん2012年内で20回以上行くと思う。お気に入りのお店也。
[PR]
by wootaso | 2012-01-16 11:38 | 京都市 円町周辺

拳ラーメン 本日限定

e0204698_2044728.jpg


e0204698_2044860.jpg


e0204698_2044961.jpg


e0204698_2044960.jpg


e0204698_2045036.jpg


e0204698_2045052.jpg


e0204698_2045074.jpg



豚の香りが強い。本当に良い香り、と素直に思った笑 香りからして微笑んでしまった(。-_-。)。モチロン美味い。低加水の麺は存在感を主張しながらも歯とスープを受け入れる。スープ飲み過ぎてしまいそうで〆飯のこと思い出して自重。

スープに関しては言うことなし。

ここまで美味いと、逆に気になる部分も出てくる。玉ねぎのニオイが少し気になったのが残念。キーマカレーのレベルは素晴らしいが、鶏と豚に勝ってしまった。余韻がカレーになっちゃった。あれだけ濃厚で旨味の詰まったスープなのに繊細。逆に凄いなとも思う。

シンプルにスープ、麺、レアチャーシュー、のみで売り出すのはどうかな。それだけで絶対に涎が溢れるだろうw ファンタジスタが繰り出すシンプリシティに溺れてみたい。
[PR]
by wootaso | 2012-01-16 04:49 | 京都市 中央卸売市場 近辺

拳ラーメン 1月限定

やばす、もーすぐ糸冬わるやんΣ(゚д゚lll)あったかいつけ麺食べたいやん。

で、

ぬくあつ祝膳 酒粕つけ麺


e0204698_21182454.jpg


e0204698_21182542.jpg


e0204698_21182746.jpg


e0204698_2118272.jpg


きめ細やかで、滑らか。ザラツキ皆無のつけ汁は酒粕の香りもふわりとほろ温かい。

ラー油がもー美味過ぎて思わず唸る。辛過ぎないのは個人的にありがたい。酒が苦手な人、濃いつけ汁が苦手な人でも食べられるだろうチューニング。しかしラーメン好きな人でもたくさん楽しめるポイントが詰まっている完成度の高さ。

麺の温度は適度。ヌメリなんてゼロ。食感、香りも最適。

肉、美味也。

予想を遥かに超えて、、、ってかもーぶっ超えてよく出来た一杯。15日で終わっちゃうのが勿体無い、もっとたくさんの人に食べて欲しいと思える作品。文句がつけられない。
[PR]
by wootaso | 2012-01-13 21:01 | 京都市 中央卸売市場 近辺

拳ラーメン

e0204698_19276100.jpg


e0204698_1927760.jpg


e0204698_192771.jpg



出汁系黒鮪とスジ肉のつけ麺


本日30食限定のこちら。マグロだしはスッキリとしながら厚みがある、なんとも柔らかな味わい。汁のみでいただくと少し塩分が強めだが、つけ麺が故だろう。麺は全粒粉の平打ち。もちっとしながらも粒感もあるので個性はしっかり。

スジ肉はトロリンチョだが、繊維が密集しているところはすこし硬かったかな。しかしこのスジ肉の味わいと脂がこのつけ汁に旨味を加味してくれる。なるほどねー、だからかってな具合。

細い緑はなぁに?チャイブ?しゃきんと切れて瑞々しく香る。

〆飯、ヅケ、やばい。筋繊維がみっちりとつまりながらも脂は適度。漬け込むことでネットリとした食感に変化するんだろうなぁ。米の炊き具合も流石。ただ茶漬けとしての塩分は少し強かったか。そこで山葵が良い仕事してくれるんだけどね。山葵は基本苦手なんですが、新鮮な山葵はウェルカムアボード。

諸事情で今日が2012年度初拳だったが、清湯つけ麺で始められてよかったー、美味かった。腹に全然もたれねーよ、すげー。

今年もよろしくお願いします!!


8点
[PR]
by wootaso | 2012-01-10 19:10 | 京都市 中央卸売市場 近辺

ととち丸ラーメン 惜別

e0204698_12201369.jpg


e0204698_12201597.jpg


e0204698_12201616.jpg


年末にかけて珍しく友人が仕事終わりでも駆けつけたいと言ってきたので便乗。

相変わらず、いや、回数を重ねるごとにその隆盛は立体感とまとまりを増して見る者を魅せる。

野菜のシャッキリ感、肉の美味さと柔らかさ、塩分など、本職二郎さんの方が参考にして欲しいほど美味い。


ニンニク要らんけど基本入ったり(モチロン抜いた)、麺はもちょい細い方が美味しいってわかってるけどワッシワシ噛ませたり、ツッコミどころ満載野菜満載なのに食わす。美味くて文句言えなくなっちゃう。

スープはスッキリしてたなー、柔らかな甘味と香る魚介で食が加速する。あれ、二郎系なのに聞こえがよろしいのは如何にw

先に食べてた学生くん達がヒーヒー言ってる横で大盛り肉増し野菜マシマシを5分で食った友人を見て、お後よろしくこう思った。




だから24で痛風なるねん。
[PR]
by wootaso | 2012-01-09 21:06 | 滋賀県 大津市 瀬田

ととち丸ラーメン 潮

e0204698_1035715.jpg


e0204698_1035740.jpg


e0204698_1035861.jpg


雅。

ラーメンでそんな感想をビジュアルからして語れるとは。レッドスプラウトの紫、イクラの紅が華やいでいる。あえて言ってみるけど、あんなにもアットホームな店で、こんなにもfancyな一杯が提供される事実こそ、ととち丸ラーメンの醍醐味の一つ。完全に一目惚れしたわ、今回。


タレが少し強かったが、潮スープとの相性は夢見心地。石臼挽きの麺は香りがぶわりと上がりながら邪魔せずに融合。

鯛茶漬けはスープが熱過ぎたが、そのパフォーマンスに頭が下がった。鯛美味過ぎ。

恒例行事になった潮ラーメンだが、進化し続けているんでしょうね。ほんと楽しいわ。

今年もこのお店にはお世話になろう( ̄▽ ̄)
[PR]
by wootaso | 2012-01-09 10:21 | 滋賀県 大津市 瀬田