多忙につき多麺。


by wootaso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ウニール Cup of Excellence

e0204698_8452694.jpg

店員は5名ほどでバリスタは3名、その3名ともがジャパンバリスタチャンピオンシップのtop10にラソクイソ。

豆の品質、焙煎の技術、バリスタの腕、きちんと揃ったこちらはもはや名店の域。
[PR]
by wootaso | 2011-12-24 08:45

ととち丸ラーメン

e0204698_236171.jpg

e0204698_236155.jpg


和風ラーメン。魚介が立っているなー、鶏もビシビシ。
----
こんなに美味いんだ、と幾たびも行く旅ながら行く度に気づかされ、感動している。特に今回は。濃厚な玉子は外せない。とゆーか全てに隙がない。尊敬を込めて流石と言える希少な存在。

年末に向けて企画が目白押し。楽しみだわ( ̄▽ ̄)
[PR]
by wootaso | 2011-12-17 23:06

極拳 コラボ第一弾 

初っぱなは並ぶだろうな( ゚д゚ )

12時過ぎくらいも並んでるだろうな( ゚д゚ )

14時くらいが攻めどきやな( ゚д゚ )


てことで13時くらいから並びまんた。


いや~~~~~~~~~~~~~~~~


トウゼンながら知らん人ばっか並んでるよね。学生が多い、so what?


e0204698_21265439.jpg

e0204698_21272224.jpg


ヴィジュアルからして極鶏的なのに装飾は拳ラーメン、レアピンクと江戸菜のグリーンがいかにも拳らしい旨味と苦味のmake sense。

スープは極鶏6:拳4くらいかな。若しくは6.5:3.5くらい。ぐんと旨味が押し寄せながら、しつこさなくスッと引くからこその余韻。

驚いたのは麺を食べたとき。お~、相乗効果。小麦に相乗する味わい。啜ればたまらずに啜る。そんな感覚に酔いしれてスープを流して喉と心を温めながら見るは常に丼の中。

タレも極鶏主体だが、なんか違うな~、トゲなく広がる拳のタレの性格も感じるな~と思ったら、この日のための牡蠣仕様だったとのこと。

下手に考えずに夢中にさせてくれるラーメンとの出会い、今まで数える程あっただろうか。とにかく美味かった。初回ということもあって、両店共が「らしさ」を発揮してきたコラボだった。

ファーストインパクトにこれだけの作品を提示してきたということは、これからが大変。だからこそやりがいがあるコラボなんだろうな~。現に昨日食べた拳のつけ麺はこのコラボ麺とは異なる感動があったし、止まってはいられない感覚を経験させてもらった。

お疲れ様でした、これからも楽しみにしてます!




あの丸い泡状の気泡に溢れた野菜のようなトッピングってなんなんだろう。それが一番の謎。
[PR]
by wootaso | 2011-12-07 21:45 | 京都市 一乗寺周辺

燈郎

e0204698_2225968.jpg

e0204698_222597.jpg

本店である一燈のあまりの行列に溜息を漏らしながらすぐ近くにあるこちらへ来たのは一ヶ月以上前。

甘いし濃度もあってドロっとしたつけ麺を楽しめるが、なにかしらオシもヒキもない。

肉は柔らかいだけ。旨味は抜けてタレの味が中途半端にしみこんでいる。

東京で美味い店ってのはどーやったら見つかるのか未だによくわからん。
[PR]
by wootaso | 2011-12-02 22:02 | 東京都 新小岩