多忙につき多麺。


by wootaso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:京都市 北区( 5 )

天骨庵 慶心

店主ブログが一番この新作つけ麺の味わいを言い得ているので、そちらを確認してからこの一杯を食べたいし、食べてほしい。


つけ天骨麺

e0204698_16495082.jpg

e0204698_16495164.jpg

e0204698_1649511.jpg

e0204698_16495272.jpg


甘さ皆無。その時点で気持ちが高ぶった。天骨麺の濃厚な動物系スープと昆布出汁、この昆布がまたトロトロと麺に絡みながらしつこい粘り気はなく、絶妙な引き上げを生み出している。自分はトロミも粘りも苦手ですが、この塩梅なら何の気後れもなくいけます。麺も程よい食感でプリっとしており、太さもほどほど。三分、五分、7分、全部と浸け率を変えて楽しむ。

〆飯
e0204698_16495466.jpg

e0204698_16495586.jpg


この値段でここまでやっちゃうって時点で店主の味へのこだわりが伝わってくる。このもろ味噌と昆布出汁のトロミ、紫蘇の酸味にも似た塩味、ええやないですか。


二回目。
e0204698_16495546.jpg

e0204698_16495611.jpg

e0204698_16495798.jpg


1度目とビジュアルの差を楽しむ。ネギは減らしてもらったけど、結論、無くていい。無い方がこのつけ麺は楽しい。

店主さんと色々と話をさせていただいた。というか、ここの店主さんは話しかけてきてくれる。隠すことも媚びることもない。

昆布出汁に関して色々と思うところがあるらしく、ご苦心されているようだった。個人的な感想で応援をしたい。

わざわざ食べに来たくなるつけ麺が登場した。その味わいはもちろん、トロミと粘りを的確に合わせたつけ汁の食感は初体験であるし、色々なブログを見ても見出すことはできない独自性がある。しのごの言わず、啜り味わう一時に全てを感じていたい。
[PR]
by wootaso | 2015-05-04 16:32 | 京都市 北区

タンポポ

e0204698_19592312.jpg

e0204698_19592436.jpg



トロける肉を高校時代に出会ってしまい、以来トリコなんだと思う。とにかく堪能。
丼もうまー。
[PR]
by wootaso | 2015-01-30 19:56 | 京都市 北区

タンポポ

e0204698_11144197.jpg

e0204698_11144355.jpg

e0204698_11144493.jpg


焼き飯セット、麺大盛バリカタ。

動物系の出汁と背脂のコクがしっかり出てる、昔に比べて醤油ダレの押しが強くなり、一味も辛いので刺激的な味わい。ネギはかつてのザク切りの方が好き。メンマも硬め薄めの形状に。チャーシューはかつてのとろけるような柔らかさはな影を薄め、肉出汁が抜けて少し硬くなった感じ。焼き飯はシンプルながらこの量はなかなかお得。

マイナーなチェンジ、マイナスなチェンジなど諸々ありますが、青春の味という個人的な偏見を抜きにしても、あー食ったと満足して出られるラーメン店。
[PR]
by wootaso | 2014-08-13 11:08 | 京都市 北区

タンポポ

e0204698_199405.jpg

e0204698_1994132.jpg


2012年の〆は所用もあって近くにきたついで、青春の味をこの舌に迎えに来た。豚しゃぶは以前ほどのワッショイ感はないものの、スープの厚みを確かめられた。椎茸?

麺は中金、艶もあって密度もそこそこ、このお店は基本チョイやわなので僕はカタめで頼みます。一味は辛めのものに変わったので汗ばみます。

2013はもっと行こう。
[PR]
by wootaso | 2013-01-02 19:02 | 京都市 北区

たんぽぽ

夜、飲んだ後に赴く。

チャーシュー麺大ネギ増ニンニク入り
e0204698_15471612.jpg




おお〜、肉うめー(^∇^) スープもうめー(^∇^)ニンニク絶対ー(^∇^)

久々にスープがうまく感じた、何故だ?

動物系の深みがいつもよりもあった、ってかいつもは薄かった。 遅い時間にいったからか。

普通の背脂チャッチャとは異なる性格がこのお店のイイトコロです
e0204698_15471878.jpg

[PR]
by wootaso | 2010-12-11 15:37 | 京都市 北区